荒川区周辺で探す屋根修理業者の紹介サイト
TOP » 屋根修理・工事の種類 » 屋根重ね葺き工事(カバー工法)

屋根重ね葺き工事(カバー工法)

このページでは、既存の屋根をそのまま活かし、その上から新しい屋根を設置する屋根カバー工法(重ね葺き)の方法とメリット・デメリットをご紹介します。

屋根カバー工法とは

屋根重ね葺き工事(施工前)

屋根カバー工法は、スレート系屋根(カラーベストやコロニアルなど)のリフォームに採用される工法で、既存の屋根材の上に新しい屋根を載せる二重構造が特徴です。工法はおもに2種類あり、「既存の屋根の上に合板を張ってから防水シートを張り、新たな屋根を取り付ける工法」と、「合板を張らず、既存屋根に直接防水シートを張り、施工していく工法」の2種類あります。

屋根カバー工法は、よく屋根葺き替え工法と比較されますが、どちらも一長一短あり、どちらが明確に優れているとは言い切れません。屋根をリフォームする際は、各工法のメリット・デメリットを把握した上で、納得のいく工法を選びましょう。

屋根カバー工法のメリット・デメリット

屋根重ね葺き工事(施工後)
  • メリット

屋根カバー工法は、既存の屋根の上に新しい屋根を載せるので廃材が出ません。そのため、屋根材の撤去・処分費用がかからず安価で済みます。また、屋根材撤去の工程が省略される分、工期も短縮されます。急ぎで直して欲しい場合やできるだけ費用をおさえたい場合には向いていると言えます。屋根が二重構造になるので遮音性の向上効果も期待できます。

  • デメリット

二重構造になるので重さが増してしまい、耐震性や耐久性が悪くなってしまいます。屋根の劣化が著しい場合は、屋根の下地補修も必要となるため、カバー工法ができない可能性もあります。また、カバー工法は一般的にスレート屋根に採用されます。瓦屋根の施行は不可能ではありませんが向かない工法ですので、覚えておきましょう。

屋根カバー工法の費用目安

屋根カバー工法の費用目安は業者により異なりますが、費用感や工期の目安は以下の通りです。
屋根カバー工法費用 1m²あたり5,000円~
工期 約1週間
屋根修理業者をお探しの方へ

トップページでは、荒川区で屋根修理業者をお探しの方に向けて、荒川区でおすすめの屋根修理業者3選をご案内しています。ここでは、とくに安心して工事を依頼できる屋根修理業者をピックアップして、紹介していますので、ぜひご活用ください。

荒川区のおすすめ
屋根修理業者