荒川区周辺で探す屋根修理業者の紹介サイト
TOP » 屋根修理・工事の種類 » 屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事

屋根葺き替え工事は、今ある屋根を取り外して新しい屋根に取り替える工法です。雨漏りや耐震、屋根の劣化、遮熱・断熱などの観点から屋根をリフォームする場合、「屋根葺き替え工法」と「屋根カバー工法」の二つの選択肢が挙げられますが、どちらもメリット・デメリットがあるので業者に相談しながら決めると良いでしょう。

屋根葺き替え工事のメリット・デメリット

屋根葺き替え工事(施工前)
  • メリット

新しい屋根になるので見た目が美しくなります。また、現在の屋根瓦は従来に比べて軽くて丈夫な材質が多いため、耐震性や耐久性、耐風性が上がります。また、屋根瓦だけでなく、下地の補修や防水シートの貼り替えも行うので、住まいを守る上でも非常に意味のある工事になります。カバー工法では屋根の重量が増すというデメリットがありますが、その心配もありません。

  • デメリット

一方、デメリットとなるのが修理費用です。既存屋根材の処理には当然お金がかかります。とくに、2004年以前の屋根瓦はアスベストを含んでいる可能性があり、アスベストの処理には別途届け出と費用が生じます。また、下地が傷んでいる場合は補修をしますし、屋根の面積が大きい場合は防水シートの使用量も増えるので、それだけ費用はかさみます。

葺き替えの単価目安

工事費用は業者により異なりますが、参考までに目安をご紹介します。

既存屋根材の撤去 1,500~2,500円
既存屋根材の処理 撤去費用に含められるケースが多い
下地の補修 1,500~2,500円/1m²
防水シート 500~800円/1m²
新しい屋根材費 5,000~7,000円/1m²
足場 500~1,500円/1m²
管理費、諸経費 工事費用の5~10%

優良業者に依頼するために

屋根葺き替え工事(施工後)

葺き替え工事の費用は、屋根の形状や新しく使う屋根材にもより変化するので、一概に「相場はいくら」と言い切れません。必ず、複数の業者に見積もりを依頼して、工事内容に見合った金額を提示してくれる業者を選ぶようにしましょう。安さと安心を兼ね備えた業者は、対応の早さも違います。親身になって接してくれるかどうかも大きなポイントとなるでしょう。

屋根修理業者をお探しの方へ

トップページでは、荒川区で屋根修理業者をお探しの方に向けて、荒川区でおすすめの屋根修理業者3選をご案内しています。ここでは、とくに安心して工事を依頼できる屋根修理業者をピックアップして、紹介していますので、ぜひご活用ください。

荒川区のおすすめ
屋根修理業者