荒川区周辺で探す屋根修理業者の紹介サイト
TOP » 屋根修理・工事の種類

屋根修理・工事の種類

屋根修理・工事の種類
屋根の修理・工事に備え、屋根に関する知識を身に付けておきましょう

屋根に不具合が生じて業者に問い合わせをしても、即修理できるわけではありません。屋根の修理や工事は業者が現場の下見を行い、必要な工事と見積りを提案するのが一般的です。しかし、事前に工事の種類を知っておけば目的にあった工事を自ら提案することができます。

以下では、一般的に需要の高い「雨漏り修理(防水工事)」をはじめ、屋根材を新しいものに交換する「屋根葺き替え工事」や「雨どいの修理(交換)工事」など、屋根修理・工事全般について詳しくご紹介します。

また、ページ下では、屋根材の種類についても説明していますので、自分の家がどの種類の屋根材なのか、ぜひ確認してみてください。

主な屋根修理・工事の種類

雨漏り修理(防水工事)
雨漏り修理(防水工事)

天井裏から雨がポトポトと落ちる音がしたり、天井の雨染みが生じたりしたときに雨漏り工事を行います。工事内容は雨漏りの状況や屋根の材質、形状、大きさにより異なり、瓦の差し替え、棟の積み直し、雨どいの取り換えなどから必要な工事が選択されます。

雨漏りの応急措置に関する詳しい説明はこちら

屋根葺き替え工事
屋根葺き替え工事

今ある屋根を取り外して新しい屋根に取り替える修理です。現在の屋根瓦は軽くて丈夫な材質が多く、耐震性や耐久性、耐風性が向上するというメリットがあります。また、屋根瓦だけでなく、下地の補修や防水シートの貼り替えも行うので、住まい全体の強度が上がります。

屋根葺き替え工事に関する詳しい説明はこちら

屋根重ね葺き工事(カバー工法)
屋根重ね葺き工事(カバー工法)

主にスレート屋根(カラーベストやコロニアルなど)の修繕に採用されます。既存の屋根材の上に新しい屋根を載せる二重構造が特徴で、屋根材撤去の工程が省略される分、工期の短縮や費用削減などのメリットがあります。また、屋根が二重構造になるので遮音性の向上効果も期待できます。

屋根重ね葺き工事(カバー工法)に関する詳しい説明はこちら

屋根塗装工事
屋根塗装工事

経年に伴う屋根の劣化や外敵要因によって屋根がダメージを受けると雨漏りのリスクが生じます。このダメージを防ぐために必要となるのが屋根塗装です。屋根塗装には、外壁の塗り替えと同じようにアクリル、ウレタン、シリコン、フッソの塗料があり、塗料により費用が異なります。

屋根塗装工事に関する詳しい説明はこちら

棟板金(むねばんきん)交換工事
棟板金(むねばんきん)交換工事

屋根と屋根の面が合わさる山状の部分(角)を接合する板金を、新しいものに交換する工事です。屋根と屋根の面が合わさる山状の接合部分を板金で覆うことで、屋根を保護し、雨水の侵入を防ぎます。

棟板金(むねばんきん)交換工事に関する詳しい説明はこちら

雨どい修理(交換)工事
雨どい修理(交換)工事

雨どい修理・交換工事では、雨どいや竪樋の修理や交換を行います。作業自体は簡単な内容ですが、2階建て以上の建物の場合は、安全性と作業性を確保するために足場を組む必要があるため、費用がかかります。費用を抑えるために、外壁や屋根塗装と一緒にお願いするという方法もあります。

雨どい修理(交換)工事に関する詳しい説明はこちら

屋根材の種類

屋根にはたくさんの種類がありますが、一般的に使われているのは次の4種類です。

瓦(和瓦・洋瓦)

陶器や素焼きの瓦を使う屋根で、厚みがあるので強度があります。瓦自体にはメンテナンスが不要です。瓦自体が重いので、屋根が重くなるというデメリットがあります。

スレート(コロニアル・カラーベスト など)

日本で最も多く使われる屋根材です。安価ですが、風や地震の影響を受けやすく10年程度で塗装や棟板金交換が必要となります。

金属屋根(トタン・ガルバリウム鋼板 など)

トタン屋根は、比較的古い住宅に見られます。スレート系屋根の次に安価ですが、サビが生じると強度が一気に低下します。一方、ガルバリウム剛板はスレートよりも高価ですが、寿命が30~50年と長く、基本的にメンテナンスが不要です。

シングル

アスファルトシングルと呼ばれるアメリカで開発された屋根材。アメリカでは80%以上の住宅で使用されています。重さは瓦の約5分の1と軽量で、耐震性、防水性に優れ、寿命も30年と長いのが特徴です。

荒川区のおすすめ
屋根修理業者