荒川区周辺で探す屋根修理業者の紹介サイト
TOP » 雨漏りの応急措置

雨漏りの応急措置

雨漏りの応急措置

急な雨漏り…。早急な処置が必要ですが、屋根に上り自分で応急処置を行うのは大変危険です。インターネット上には、セルフ処置の方法を紹介するサイトもありますが、屋根の修理は業者でも足場を組むほど危険を伴うものです。また、下手に修理をすると雨漏りを悪化させたり、別の場所に雨漏りが発生したりする場合があります。

雨漏りの被害を最小限に抑えるためには、雨漏りの原因を特定し、適切な応急処置を行うことが大切です。そして、適切な処置は屋根に関する専門知識を持つ屋根職人や専門業者でなければ困難です。雨漏りを放置すると住居の内部まで雨水が浸透し、大量のカビが発生したり、家の寿命を縮めてしまいます。最悪の場合は屋根が崩落する恐れもあるのです。

プロが行う雨漏りの応急処置

屋根修理・工事の種類

雨漏りの原因は、施工不良・瓦や棟板金の割れや剥がれ、浮き・漆喰(しっくい)の崩れやヒビ・コーキング剤の剥がれ・経年劣化などさまざまです。

専門家は、現地調査で雨漏りが発生している箇所を徹底的に調べ、その原因を突き止めます。

雨が継続的に続いている場合は、修理にかかる前に部分修理を行い、雨漏りによる被害を最小限に留めます。

原因調査

屋根や天井裏に上って雨漏りが発生している箇所を目視で推測する「目視調査」と、雨漏りの原因と思われる場所に散水して雨漏りを再現することで水の侵入経路を調べる「散水調査」を行うこともあります。目視調査は無料~3万円程度、散水調査は5~20万円程かかります。散水踏査は時間と費用がかかりますが、原因を正確に特定できるというメリットがあります。

応急処置

原因が特定できたらこれ以上雨水が家屋に侵入しないよう、応急処置を施します。雨漏り箇所にブルーシートをかぶせ、土のう袋などを載せて一時的に雨漏りを防ぎます。また、瓦が割れたりめくれていたりする場合は落下を防止するため、瓦の撤去やずれを直す作業を行います。

屋根修理の提案

雨漏りの原因に応じて、必要な屋根修理を提案します。

屋根修理業者をお探しの方へ

トップページでは、荒川区で屋根修理業者をお探しの方に向けて、荒川区でおすすめの屋根修理業者3選をご案内しています。雨漏りの応急措置や修理を依頼する際の参考になると思いますので、ぜひご参照ください。

荒川区のおすすめ
屋根修理業者